ニキビ 化粧品

ニキビ化粧品の選び方と使い方

 

化粧品はにきびの場合どのように使ったら良いのでしょうか。にきびは10代のシンボルともいえなくなっているようで、成人してからも、にきびに悩む人は多いといいます。

 

にきびの原因は、皮脂汚れが毛穴に詰まり、皮膚に炎症が起きてしまうことです。にきびの痕が残らないようにするには、まだ初期のうちに適切な対応を取ることです。

 

にきびへのスキンケアや化粧品の使い方が重要になります。できれば化粧品はつけない方がいいのは、にきびのできた肌は刺激に敏感になっているからです。刺激を与えないからといって全く何もしないでいるとダイレクトに外部の刺激を受けてしまうことがあります。

 

にきび用のスキンケアやファンデーション、紫外線ケアは、乾燥や外気の刺激からにきび肌を守るためには不可欠です。

 

スキンケア以外は何もしない方がにきびのケアには効果的ですが、外で仕事をしている女性などは毎日最低限のメイクが必要です。最近では、にきびができた場所でも使えるような化粧品が販売されていますので、探してみるといいでしょう。

 

にきび専用、低刺激、弱酸性と書かれている化粧品が、にきびのある肌にも使える可能性があるものです。化粧品メーカー側もにきび肌を意識した化粧品を、最近はにきび肌になる人が多いため、色々と販売されています。

スキンケア化粧水の選び方

 

最近は、数えきれないほどの種類のスキンケア用品が販売されていますが、何を基準にして選択すべきでしょう?

 

スキンケア用品は肌タイプごとに違うので、まず自分の肌の状態を知ることです。肌のキメも細かく、角質層に必要なぶんだけの水分があり、皮脂の分泌量もちょうどいい、理想的な肌を普通肌といいます。

 

保湿をしっかりとするためにも、ヒアルロン酸やセラミドが配合された化粧品を使用してケアをしましょう。ぐっすり眠り、健康にいい適量の食事をし、紫外線カットを心がけることも重要です。

 

普通肌の人もしっかりとスキンケア化粧品でお手入れをしなければ、すぐに肌トラブルが起きてしまいます。皮脂の分泌が多く、にきびができやすい肌を、脂性肌といいます。毛穴に分泌された皮脂が詰まり、酸化して黒ずむこともあるので、毛穴の黒ずみに要注意です。

 

スキンケア用品を選ぶ時は、セラミドが入っているタイプがおすすめです。乾燥肌と脂性肌が、季節に応じて入れ代わるタイプもあります。夏は脂性肌、冬は乾燥肌でし、脂性乾燥肌と呼ばれています。

 

混合肌の人におすすめのスキンケア化粧品は、セラミド配合とアルコールフリーの化粧品です。皮膚は油脂の分泌でバリア機能をつくっているので、顔の洗いすぎで油分を根こそぎ取ってしまわないようにします。

 

自分の肌質に合ったスキンケア化粧品を選ぶことが美肌のために大切なことだといえるでしょう。
命の母ニキビ